アウトソーシング こんなことでお悩みではありませんか?

  • どんな時にアウトソーシングがいいのか
  • 会計帳票(元帳、伝票等)及び証憑(領収書等)の保管業務をアウトソーシングできるのか
  • アウトソーシングできる業務の範囲は

 

どんな時にアウトソーシングがいいのか

 経理業務に関して、私どもエールパートナーズ会計の利用の仕方としては、少なくとも以下の3パターンがあります。

 @自社に経理スタッフがいる → 顧問契約

 A自社に経理スタッフがいないが、経理業務がほぼ1人分ある → 人材派遣 

 B自社に経理スタッフがいないが、経理業務量は少ない → アウトソーシング

 ケースバイケースでやり方はいろいろあります。

  組み合わせも可能です。 

 いずれもバックは会計事務所ですので、安心してご相談下さい。

 

 アウトソーシングに向いているケースをご紹介いたします。 

 

《事例》


 中小企業のため、経理業務自体の仕事量は2人日程度/月。

 業務内容は、

  1. 請求書発行業務
  2. 外部業者支払業務
  3. 給与支払業務
  4. 小口現金管理

  がほとんどで、伝票起票・入力は会計事務所に任せている。 

今まで、社長がやってきたが、営業で忙しくなり、経理まで手が回らなくなってきたという、嬉しい 悲鳴。派遣を頼むにも週2日では頼みにくいし、どうしようかと悩んでいた。

 

《こんなときこそ、アウトソーシングを!》


 たとえば以下の様に、私どもが経理業務を引き受けます。

  1.請求書発行業務 請求書締め日に合わせて訪問。

               請求内容をご指示いただき請求書作成。

                                社長の承認後、発送まで完了させる。

  2.外部業者支払業務 外部業者から受取った請求書の確認までは社長が担当。

                請求書は揃う一定の日に訪問。

                支払一覧表を作成し、社長の承認を受ける。

                支払一覧表に基づく振込処理は支払予定日に支払うよう

                オンラインバンキングに予約登録。

                予約日にオンラインバンキングより業者に支払。

  3.給与支払業務     給与データが揃う一定の日に訪問。

                 給与ソフトにて給与計算をし、社長の承認を受ける。

                 なお、4.小口現金は廃止し、経費精算書に基づき、給与とともに

                 口座振り込みとする。

                振込は、外部業者と同様オンラインバンキングの予約処理とする。

    ※ポイント:訪問日は、上記内容を調整したうえで、月1日とする。

 

《効果》


  ・会計事務所のスタッフなので、会計に精通しており安心。

  ・派遣だと、継続性に安定感がなく、スタッフ交代時の説明が面倒。

  ・社長が手空きの時間に不定期にやるわけではなく、

   会計業務を一貫して会計事務所に任せることになり、

   試算表等の正確性、迅速性が高まる。

 

 経理業務のアウトソーシングは、お客様の事情に合わせて設計いたします。

 訪問なしで、データ及び請求書等のバウチャーを一括送付いただき、支払業務等はオンライン処理で完了させる方法もございます。

 ぜひ、お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

企業の存続・成長を支援する会計事務所です! 

執務室.jpg
 私どもエールパートナーズ会計
宍戸公認会計士・税理士事務所は、
これまで真摯に業務に取組んで来た結果、
お客様からの感謝の言葉と高い評価を
多数いただいてまいりました。

  
経営に関してお悩みをお持ちならば、

どうぞお気軽にご相談ください。
最良の解決策を一緒に見つけ出しましょう。 

 
弊社へのご質問・お問い合わせこちらからお気軽にどうぞ