ファイナンス(資金調達) こんなことでお悩みではありませんか?

  • 銀行提出資料を作成してほしい
  • 資金調達を相談したい
  • 納税資金の確保について相談したい
  • 資金繰り計画を正確に作成したい
  • 効率的な資金調達方法がわからない

銀行提出資料を作成してほしい

 金融機関に資金調達の相談をした場合、各種資料の提出を要求されます。ほぼ間違いなく要求されるのが、

  1.損益計画

  2.資金計画

の2点です。これ以外にも、過去実績に関する資料(資金繰り実績表など)や、投資計画、店舗出店計画、人員計画、コスト削減計画などを要求される場合もあります。

 これらの資料を、過去の決算実績との整合性、調達したい資金を含めた資金返済能力の説明、売上拡大要因の説得性、コスト削減計画の実現性など、たくさんのチェックをしながら作成する必要があります。

 また、金融機関への申し込み内容も重要です。金額、機関、利率、利用する制度等により、返済負担額は大きく変動します。

 これらを総合的、戦略的に判断して、各種提出資料作成します。調達できないと、経営に大きな影響が出ますので、なかなか大変です。

 

 エールパートナーズ会計は、場合によっては、金融機関への説明や交渉までもご支援してきた実績があります。まずは、お気軽にご相談下さい。

資金調達を相談したい

 資金調達の方法は、企業の成長ステージ区分ごとに違いがあり、主な内容は以下のとおりです。

 1.起業・創業期  自己資金、金融機関借入(創業資金)など

 2.急成長期    金融機関借入(新規投資設備資金、事業拡大運転資金)など

 3.安定成長期   金融機関私募債、ベンチャーキャピタル増資・増資借入など

 4.株式公開期   社債、増資、公開時公募、など

 場合によっては、新規調達だけが方法ではなく、借入の集約(いわゆる一本化)によって返済額を減額し、資金調達をしたのと同様の効果を実現することもあります。

 お客様がいま、どこの成長ステージに位置付けられるのか、どれくらいの資金が、いつまでに必要なのか、事業計画の妥当はあるのか、調達コストは事業計画に反映しているかなどを勘案して、最適な資金調達方法をご提案いたします。

 エールパートナーズ会計では、起業・創業から公開まで企業の成長ステージに合わせた資金調達をご支援しております。 

 

企業の存続・成長を支援する会計事務所です! 

執務室.jpg
 私どもエールパートナーズ会計
宍戸公認会計士・税理士事務所は、
これまで真摯に業務に取組んで来た結果、
お客様からの感謝の言葉と高い評価を
多数いただいてまいりました。

  
経営に関してお悩みをお持ちならば、

どうぞお気軽にご相談ください。
最良の解決策を一緒に見つけ出しましょう。 

 
弊社へのご質問・お問い合わせこちらからお気軽にどうぞ