法人設立と個人事業のどちらで立ち上げるのが有利か

 起業する場合、誰しもがお悩みになるのが、法人設立した方がいいのか、最初は個人事業として立ち上げた方がいいのか、ということです。

 法人、個人それぞれのメリット、デメリットがありますが、税務上の有利不利に関しては、タックスシミュレーションを行って確認する必要があります。

 事業計画(投資計画、損益計画は必須)に応じて、以下の税額シミュレーションを行います。

  ・法人に掛かる税金:法人税、消費税等、法人事業税、法人住民税 等

  ・個人事業に掛かる税金:所得税、消費税等、個人事業税、個人住民税 等

 当初、個人事業で立ち上げ、途中で法人化(いわゆる法人成り)するという選択肢が有利なケースも出てきます。ある程度の精度を持った事業計画があれば、タックスシミュレーションが可能です。

 なお、事業計画をお持ちでない場合にも、当社にて事業計画自体の作成支援も行っておりますので、ぜひご相談下さい。

 

 

企業の存続・成長を支援する会計事務所です! 

執務室.jpg
 私どもエールパートナーズ会計
宍戸公認会計士・税理士事務所は、
これまで真摯に業務に取組んで来た結果、
お客様からの感謝の言葉と高い評価を
多数いただいてまいりました。

  
経営に関してお悩みをお持ちならば、

どうぞお気軽にご相談ください。
最良の解決策を一緒に見つけ出しましょう。 

 
弊社へのご質問・お問い合わせこちらからお気軽にどうぞ