納税金額の算出が遅い

 納税額の算出が遅い、ということは、会社の資金繰りの大変さを無視しているようなものです。大きく分けて以下の2点の問題点があります。

 

1.納税資金の問題

 まずは、納税資金自体の問題です。たとえば、申告期限間近になって、「明日、納付期限です。納税額は8000万円です。」と言われて「ハイ、わかりました。」と言える会社はそうはありません。しかし、現実には、本当に納付期限ギリギリまで何のアナウンスもしない(できない?)会計事務所もあるようです。経営者の資金繰りの大変さを理解していないとしか言いようがありません。

 当社では、申告月ではなく、決算月前の決算打合せ時から、決算予想数値を基に納税概算額をアナウンスするようにしています。

 

2.納税額と資金調達

 また、納税額自体、会社の資金調達力に大きく影響する項目であることの認識も重要です。金融機関等(保証協会を含む)が、御社の決算書を評価する場合に、どれくらいの利益ができているのか、どれくらい税金を納めているのか、未納の税金はないのかなどもチェックされます。

 そのため、当社では、特に資金調達が必要な場合には、決算月前からの決算打合せを重要視し、必要資金の調達をできるだけスムーズにできるような決算を組むべく、対策を提案いたします。

 

 「納税金額の算出が遅い」ということは、その時の納税資金自体の問題だけではなく、その後の資金調達にも大きな影響を及ぼすという認識のもと、当社では、事前アナウンス及び対策を行っております。

企業の存続・成長を支援する会計事務所です! 

執務室.jpg
 私どもエールパートナーズ会計
宍戸公認会計士・税理士事務所は、
これまで真摯に業務に取組んで来た結果、
お客様からの感謝の言葉と高い評価を
多数いただいてまいりました。

  
経営に関してお悩みをお持ちならば、

どうぞお気軽にご相談ください。
最良の解決策を一緒に見つけ出しましょう。 

 
弊社へのご質問・お問い合わせこちらからお気軽にどうぞ