月次決算、年次決算が遅い

 毎月の試算表は2か月から3か月後、決算時の年次決算も申告期限ギリギリで決算内容の報告を受けている経営者の方が未だに多いようです。これでは、税務会計はコスト要因にしかなりません。しかし、やり方や意識を変えれば、税務会計から、経営に必要な情報がタイムリーに経営者に提供されるのです。

解決策の一例として

1.速報と確定情報を区分する。(月次決算)

 「取引先からの請求書が翌月の10日過ぎでないと届かないなどの理由で、試算表は20日過ぎでないと確定しません!」というのが、よくある税務会計担当者の言い訳です。このパターンの税務会計担当者は、経営者の気持ちを全く分かっていないのです。

 当社では、このような場合の解決策の一つとして、速報と確定情報を区別し、経営者向けの速報体制の仕組み作りをご支援しています。

 経営者は、何も1円まで合わせた試算表を見ないと経営の意思決定ができないわけではないのです。経営速報としては、例えば千円単位や百万円単位で、不確定要素が明確になっていれば、それで十分なのです。

 ただし、速報値の中に、経営者の意思決定に必要な情報を盛り込むことが重要です。また、その速報報告時に当社スタッフが立会い、情報の意味をご説明する場合もあります。それにより、経営者は、より正確に、かつ、経営者自身がお気づきにならなかった項目も把握できるのです。

 

 

 当社は、他にも、年次決算の進め方など、適時適切な情報提供を基本に、経営者の意思決定のご支援をしております。

企業の存続・成長を支援する会計事務所です! 

執務室.jpg
 私どもエールパートナーズ会計
宍戸公認会計士・税理士事務所は、
これまで真摯に業務に取組んで来た結果、
お客様からの感謝の言葉と高い評価を
多数いただいてまいりました。

  
経営に関してお悩みをお持ちならば、

どうぞお気軽にご相談ください。
最良の解決策を一緒に見つけ出しましょう。 

 
弊社へのご質問・お問い合わせこちらからお気軽にどうぞ